【弁当男子】毎日お昼に弁当を作ったら、年間48000円節約できた!!
jyleen21 / Pixabay

はじめに

 

Hiro
みなさんは働いている平日のお昼ご飯はどうされているでしょうか?

 

外に食べに行ったりコンビニやスーパーでお弁当を買う人も多いと思います。

けどランチタイムって悩ましいこともないですか?具体的には…

 

外に食べに行くのがめんどくさい
毎日だとお金がかかる
外で買うものは炭水化物と脂ばっかり
上司や職場の人と行かないといけない

 

色々ランチタイムの悩みは尽きないと思います。

僕もそうでした。

けど、ある習慣を身につけてからすべてが変わりました。

それは弁当男子になることです。

(ただ弁当を毎日作っていくだけですが笑)

この記事では、毎日弁当を作ることがどれだけいいことかをたっぷりとご紹介します!!

 

スポンサーリンク

弁当男子になってよかったこと

jelly / Pixabay

 

弁当男子になってよかったこと
  1. 年間48000円節約できた!!
  2. 偏った食生活にならず健康的になれた!!
  3. 職場のおばちゃんにやたらモテた!!

 

お昼に弁当をつくるだけで、年間48000円節約できた!!

Maklay62 / Pixabay

 

社会人になりたての頃は、毎日コンビニで弁当やお茶を買って、500 ~ 600円払っていました。

最初のうちは毎日必至で働いてるので、その自分にがんばったご褒美と考え、

「一日500円くらいえっか~」と思っていました。

 

しかし、毎日コンビニ飯を食べていると同じものばかり食べる傾向があり、

だんだんとその味にも飽きてきました。

 

そんなある日、「試しに一年ほど弁当をつくってみるかー!」と決意し、一年ぐらい続けてみました。

その結果、なんと年間で 48000 円も節約できたことに気づきました。

 

内訳をいうと

コンビニで毎月500円つかうと、社会人は月に10000円になります。

しかし、一年だと120000円にもなるんです!

 

その反面、弁当を毎日作ると、一回弁当にかかる費用は、多くて200円~300円くらい。

つまり、月には6000円、年間だと多くて72000円くらいになります。

 

なんと、弁当男子になるだけで、120000 - 72000 = 48000 円も節約するができました!!!

 

偏った食生活にならず健康的になれた!!

Lazare / Pixabay

 

毎日コンビニだと、人はどうしても自分の好みのおいしそうなお弁当を選んでしまいます。

すると、どうしても似たような好みの弁当ばかり食べてしまい、栄養が偏ってしまうんです。

 

その反面弁当だと、今日は「どういう弁当をつくってやろうか」と一回料理をする前に考える習慣がつきます。

すると、味だけではなく、できれば栄養もあるものを作りたいと考えるようになります。

 

もちろん、はじめのうちは「自分の好きなもの」ばかり作るかもしれません。

しかし、作っていく中で料理の腕が上達し、どんどん新しい料理に挑戦しようという気になります。

 

すると、似たようなものばかり食べるコンビニ弁当のようにならず、さまざまなものが食べれるようになるんです。

そうやっていろいろなものを食べることで栄養が偏ることなく、健康的な食生活を送ることができます!

 

職場のおばちゃんにやたらモテた!!

3194556 / Pixabay

 

これは、私の実体験ですが、

お弁当を毎日つくっていると、職場のおばちゃんから「えらいねえ~~」とほめられたことが、

その後、「どんな料理つくれるの~?」とか職場のおばちゃんとの何気ないコミュニケーションが増えます!

 

そういった職場のおばちゃんコミュニケーションに参画できるといった面でも弁当男子になることをおススメします!!

おすすめの弁当アレンジ

Pexels / Pixabay

 

「さっそく弁当をつくるぞー!!」と決意した人もいるのではと思いますが、

「なにつくろう?」って悩んだ人もいるかもしれません。

 

そんなあなたに私がおすすめしたいお弁当を一品ご紹介します。

それは....

おすすめのお弁当
「ご飯と茹で野菜と鶏胸肉のハム」弁当

 

この料理、なんと、ごはんに鶏ハム、茹で野菜を添えるだけの30分でつくれる超簡単男飯です!!

 

主な具材
  1. 鶏ハム
  2. 茹で野菜
  3. ご飯

 

まずは、鶏ハムから作っていきます!!

 

【レシピ】鶏ハム
  1. 国産の100g58円の鶏胸肉を6枚くらい1000円分くらい買って
  2. 皮を取って、塩振って、酒と水と生姜とネギの青いところと入れて沸かした寸胴に
  3. ぽいぽい入れて2〜3分茹でて再沸騰したら、ふたしたまま一止めて1時間くらいおく。
  4. 季節とか気温によって時間適当に調整しないと、火通ってないと菌怖いし、火通しすぎると固くなります。
  5. 一時間立ったらビニル袋に取り出して常温でおいて粗熱取れたら冷蔵庫へ。
  6. 前日になるたけ薄く切って、ジップロックのスクリューロックへ。大体1.5枚分、150〜200gくらい持っていく。
  7. キューピーの深煎りゴマドレと塩振るのと日替わりでからし・わさび・柚子胡椒を。

 

次に、茹で野菜をつくります!!

 

【レシピ】茹で野菜
  1. 野菜を週末にいっぱい買って茹でておく。
  2. 取り扱いやすい、オクラ・ヤングコーン・ブロッコリー・パプリカ・アスパラ・ししとう・ミニトマト・などを、洗って適当に切って、ジップロックのコンテナに入れてレンジで2〜3分チンする。
  3. 水気を切ってビニル袋にキッチンペーパーと一緒に入れて常温でおく。
  4. 粗熱が取れたら冷蔵庫へ。
  5. 一回2〜3分✕5品種くらいなので、鶏胸肉と合わせて、慣れたら30分位で仕込みは終わるはず。
  6. ほんで前の日の夜に2日分くらいそれぞれちょっとずつをスクリューロックへ入れておく。これで弁当完成。

 

最後にご飯です。

 

ご飯は、冷凍ご飯をラップのまま持っていって、職場の食堂でチンして、ラップを皿にしてそのまま広げて食べましょう!

 

これは保冷剤代わりになるし、食べたらラップ捨てて荷物軽なるし、おすすめです!!

 

(最初は奇異な目で見られるかもしれんけど、なれられたら別にそういうもんです!)

 

夏場は弁当箱は冷蔵庫に入れといたほうがいいと思います。

鶏胸肉はカンピロバクターの食中毒が怖いので。

 

 

最後は片付けです!!

これが一番めんどくさいですが、上記の料理をつくっていれば、片付けも超簡単ですよ!!

 

食べ終わったら、職場の食堂かそのへんのごみ箱にゴミを捨ててスクリューロック洗って、重ねて持って帰ります。

家に帰ったら、そのままスクリューロックは乾かすだけで、すぐに片付けが完了します!!!!

 

最後に

こんな感じ。

どうでしょうか。

 

めっちゃ、ええですよ。

ゆで野菜は季節によって、旬のものや安いもの買ったり、新生姜の甘酢漬けしたり、夏は大根と人参と胡瓜などをピクルスにしたり。

 

あと食堂に粉のお茶や爪楊枝や割り箸や歯ブラシなどおいておくと、快適になりますよ〜。

ほなほな、良い一人暮らしライフを〜

スポンサーリンク
おすすめの記事