20歳を超えると会社や大学などの仲間と

付き合いで飲み会に行くことが多くなります。

 

上司や同僚、気の合う友人達との飲み会はとても楽しく、

定期的に飲み会に参加している人も多いことと思います。

 

しかし、金銭的に見てみると飲み会ほどコスパの悪いものはありません。

頻繁に飲み会に参加してしまうと貯金ができない体質になってしまいます。

 

この記事ではFP資格を持つ筆者が、より多くの貯金を

するためには欠かせない「飲み会の断り方」を教えていきます。

20代の飲み会の平均的な回数や費用は?

20代は、平均してどのくらいの頻度で飲み会に行っているのでしょうか。

また、飲み会にいくらぐらいの費用をかけているのでしょうか?

結論からいうと、

  • 20代の飲み会の平均的な回数は2回程度
  • 20代の飲み会の平均的な費用は34,000円程度

20代の社会人で、平均して毎月どのくらい飲み会に

参加しているのかを調べてみました。

 

【20代における毎月の飲み会回数と割合】

1ヶ月の飲み会回数 割合
0回 15.3%
1~2 56%
3~4 20%
5回以上 8.6%

こちらの表は、サッポロビール株式会社が行ったアンケート調査結果です。

毎月2回以上の飲み会に参加している人が半数以上いることが分かります。

また、5人に1人は、毎月3~4回飲み会に行くという結果が出ています。

 

飲み会1回あたりの費用については、下記の表のようになっています。

 

【20代における1回あたりの飲み会費用と割合】

飲み会費用 割合
1位 3000円~4000 44%
2位 4000円~5000 25%
3位 2000円~3000 14%
4位 5000円~6000 8%
5位 1000円~2000 2%

一番多かったのが、3,000~4,000円程度です。

また、4人に1人は飲み会代に4,000円~5,000円ほど使っている

ことが分かります。

 

しかし、この調査はあくまでも

「1回あたりの飲み会費用」つまり、一次会の費用です。

 

会社や飲むメンバーによっては、二次会、三次会・・・と

場所を移して飲むこともあるかと思います。

実際は、この調査結果よりも飲み会の費用が高くなることは明らかですね。

スポンサーリンク

飲み会を断ると年間10万円以上の貯金ができる

先ほどの調査結果から、毎月約1万円程度は飲み会費用として

支払っていることになります。

 

年間にすると10万円以上を飲み会に使っているということになります。

 

これが、5年、10年・・・と続いたとしたらどうでしょうか。

かなり大きな金額になります。

 

にもかかわらず、多くの20代は飲み会に行ってしまいます。

その飲み会が自分のタメになる有益な飲み会であれば、

行く価値はありますが、実際のところどうなのでしょうか?

 

多くの飲み会では、

学校や会社、友人や上司などの不平不満を言ってストレス発散!

などという飲み会が多いのではないかと思います。

 

月に2回だけ断るだけでも、月に1万円程度のお金が浮きます。

「お金」と「ストレス発散」を天秤にかけて、お金のほうが上回るのであれば

飲み会を上手に断って、早いうちから自分が貯金体質になるようにしていきましょう。

飲み会を上手に断って「飲み会に行かないキャラ」になろう

飲み会を上手に断るには、「明確な断る理由」が言えることが大切です。

例えば、

・家族がとても困ってしまう

・お酒を飲むことができない

・習い事や趣味があるので、夜の時間がない

などです。

 

いつも飲み会に誘われる前に断る理由を考えられるようにしておきましょう。

 

理由がきちんと言えることで、

相手からも不信感を抱かれずに断ることができます。

 

飲み会に誘ってくる相手との関係を壊さずに

上手く断っていくことが一番よい方法だと思います。

 

そして、何回か断っているうちに、

「アイツは飲み会に誘ってもほとんど来ない」

という「飲み会に行かないキャラ」を確立することができます。

こうなれば、しめたもの。ほとんど飲み会へは誘われなくなるでしょう。

 

とはいえ、なかには飲み会を断る理由がない人もいるかもしれせん。

そのような人は、飲み会を断る目的について考えてみましょう。

 

「なぜ飲み会を断るのか」についてを自分の中で明確に決めておきます。

飲み会を断ることで、

  • 少しでも貯金をしたい
  • 少しでも自分の時間がほしい

    など、目的は人によって様々です。

     

    断ることができないと、そこまで行きたくないのに

    「付き合いだから仕方ないか・・」

    と、断れずについつい飲み会に行く羽目になります。

     

    これを今後もずっと続けていって、

    ムダな時間とお金を浪費していくのか。

    それとも、少しの勇気を持って飲み会を断り、

    少しでも経済的にも時間的にも豊かな人生を送っていくのか。

    選択するのは自分です。

     

    是非、飲み会に行かないキャラを確立してほしいと思います。

    まとめ

    ここまで、20代の飲み会事情や、飲み会の断り方について説明してきました。

    簡単にまとめると、

    まとめ
    1. 20代の飲み会の平均的な回数は2回程度で、平均的な費用は3~4,000円程度
    2. 飲み会を断ると年間10万円以上の貯金ができる
    3. 事前に飲み会を断る理由を考えておき「飲み会に行かないキャラ」になろう

    たかが「飲み会」ですが、

    頻繁に行くことでバカにならないほどの費用がかかります。

     

    本気で貯金をするのであれば、飲み会費用もきちんと考えて

    貯金していく必要があります。

    上手に断ることも自分で考えていきながら、

    上手に飲み会と付き合っていって欲しいと思います。

     

    ここまでお読みくださり、本当にありがとうございました!

    スポンサーリンク
    おすすめの記事