家事をタスク管理して効率化!仕事で普通のことを家でもしてみる

ボア・タルヂ!

この間、生まれて初めてブラジル料理のシュラスコを食べてきました。

肉も旨かったんですが、一番感動したのはビネガーソース、さっぱりとしていて肉の油っこさを消してくれる感じが良かったです。

本題に入りましょう。

今回は「タスク管理を家事にも導入して効率化を図ろう」というのが大まかな趣旨です。

タスク管理という言葉はデキるサラリーマン諸氏にとっては当たり前すぎるキーワードですね。

Task(タスク)には「仕事」「課題」「任務」といった意味があるのですが、この記事では要するにやらなくてはいけないことをタスクと呼びます。

いろんな方法で「家事を」管理することで効率化やり漏れイージーミスを防ぐのがタスク管理です。

アレやるの忘れてた、が多くないですか?

日常の家事において、いろいろやり漏れてしまうことはありませんか?

ゴミだしの日を忘れていて部屋にゴミをためたり、振込をしなくてはいけないのに忘れてしまって大家さんから督促されたり、スーパーの特売日を忘れて泣く泣く高い日に物をかったり。

そんな忘れてしまうことやり漏れがある方は、お仕事の場合はタスク管理はしていませんか。

例えば、手帳予定を書いたり、リストを作って終わったものから消していく。

意識してやっていてもしていなくても、それがタスク管理なんです。

現代を生きる皆様はアナログではなくデジタルデバイスソフトウェア(アプリ)を使って、タスク管理を実現しているかもしれませんね。

仕事のタスク管理はしてるけど・・・なぜ家事には導入しないんでしょうか?

スポンサーリンク

家事にタスク管理を取り込んでみましょう

家事も仕事と同じように管理ができるはずです。

明後日の出張までにワイシャツの準備を終わらせておく必要がある。

明日の晩のカレーには肉と玉ねぎとルーを用意しておく必要がある。

前者はToDoリストスケジュール表、後者はチェックリストを作ることで実現できます。

家事に当てはめると前者は予定表など、後者は買い物リストなどにあたるんじゃないでしょうか。

難しく考えることはなく、仕事と同様に家事もタスクに分解して管理することで効率的に扱えます。

一つだけ重要なことは、タスクの洗い出ししなくちゃいけない家事は何があるか?」を漏れなく出しておくことです。

家事をどこまでやっているかによってタスクの数は人それぞれになるでしょう。

タスク管理の実現方法

きちんと家事の管理ができればどんな方法でも良いと思うんですが、具体的な方法を挙げてみましょう。

①手帳での管理

仕事用の手帳と一緒にしてもいいですし、別の手帳を買ってもいいです。

手帳にいつどこで何をしなくてはいけないか、家事に関しても書いておきます。

必要な買い物、定期的なゴミだしの予定、リストアップして管理していきましょう。

メリットは手帳ならばいつでも持ち歩いていられること。

デメリットは細かく書きすぎると見づらいし、めんどくさくなることでしょうか。

②ホワイトボードの導入

ホワイトボードを買ってきて家の壁につけましょう。

ホワイトボード用マーカーと消しゴム代わりにウェットティッシュがあれば道具はそろいます。

すべて100均でそろいます。

※黒板にチョークと黒板消しでもOKです。粉は飛び散りますが。

何かやらなくてはいけないこと、気になることが発生するたびに、ホワイトボードに書いて、終わったら消す。

必要なものを書いておいて、買い物メモに移す。

メリットはシンプルで使いやすいこと。

デメリットは家にいるときしか見られないことでしょうか。

おまけにホワイトボードの端っこに数式や英語の文章、哲学者の言葉でも書いておけば、おしゃれなインテリアだと言い張ることも可能です。

③タスク管理アプリの導入

手帳代わりのことをスマホアプリやPC用のソフトウェアにさせましょう。

無料のものでも結構使えます。

スマホアプリではGoogleカレンダーなどのスケジュール帳タイプやEverNoteなどのメモ帳タイプを組み合わせて使えば、かなりのことができてしまいます。

有料のものだとPC用ソフトウェアのMicrosoft OutLookなどが普及していますね。

手帳を持っていなくても、スマホやPCを持っていない人はあまりいないんじゃないでしょうか。

メリットはいっぱいあります。

・便利なアプリがいっぱい出ていて、タスク管理が捗ってしまうこと。

・写真やファイルも添付できるものが多いので、付加情報もつけやすいこと。

・スマホを見ない日はないのでタスクの実施漏れが起きづらいこと。

デメリットはパスワード漏れなどセキュリティに気を付けなければいけないこと。

タスクの詳細化に凝り始めるといくら時間があっても足りないこと(タスク管理をすることが本来の目的であり、タスク管理アプリ弄りに時間をかけすぎるのは本末転倒です)。

自分が無理なく続けられるタスク管理方法を使いましょう。

まとめ
  • 一人暮らし男性の家事はやり漏れが発生しがち
  • 家事にもタスク管理を導入して効率化、ミスを防ぐ
  • 実現方法は自分に合わせて選んでみよう

難しく考えることはありません。

家事にタスク管理を導入しても文句を言う人は誰もいません。

気軽に取り組んでみましょう。

スポンサーリンク
おすすめの記事